« リアキャリア | トップページ | お見積もり »

2007.11.11

オイル交換

雨も上がったので予定通りオイル交換です。
まずは準備から。
交換するオイルは0.6Lなので、買ってきたオイルパックリ(4.5L用)では大きすぎます。
もちろん小分けするつもりだったのでコーヒーのパックに取り分けて廃油受け完成。
モサモサの量、適当。
Dscf4821_2


さて、詳しいオイル交換の方法はもっと参考になるサイトが山ほどあるのでそっちを見てください。
ここからはこうするとダメですよとの参考にしてください。
まず、エンジンガードを外してドレンボルトを緩める前に廃油受けをセットします。

ダメなトコ、その1。
きちんと高さを計って廃油受けを作らないと、バイクの下に入らないです。
なので、ちょっと紙パックを切りました。
Dscf4823


次にレンチでボルトをゆるめ、ゆるまったら手で回します。

ダメなトコ、その2。
あ、ボルト取れ・・・うわオイルが・・・あ・・・ボルトが・・・。
Dscf4824


慌てるとこうなりますので気をつけましょう。
落ちたボルトがしっかり拭きましょう。
Dscf4826


さて、オイルが抜けるまでちょっと時間がかかるのでちょっと磨きますか。
レッグシールドって汚れるのよね・・・ふきふき・・・ん?
Dscf4830


上の左右と左下のナット。
Dscf4832


右下のナット。
Dscf4831


1個だけ違うよ?
いや、ちゃんとナットとして機能しているからいいんだけど、形が違うよ?
中古なだけになんか不安だ。

あ、オイル交換はボルトを締めて0.6Lオイルを入れて量をチェックして無事終了しました。

ダメなトコ、その3。
予想以上に廃オイルが出て紙パックはタップンタップンになりました。
廃油受けは大きめにしましょう。

|

« リアキャリア | トップページ | お見積もり »

カブ」カテゴリの記事

コメント

エンジンヘッドのナットですが、
正面から見て右下のナットだけは袋ナットではありませんし
左下のワッシャーだけは銅ワッシャーですが、
これは出荷時からのものなので問題ありませんよ。

ここからは推測ですが、一つだけ袋ナットではない理由は
スタッドボルトを締めなおすときにダブルナットをする際に
普通のナットが必要になるからではないでしょうか?
ちなみに、一箇所だけ銅ワッシャーの理由は
そこがオイルラインの為、緩まないようにしてあるのだと思います。

投稿: 瀬田 | 2007.11.12 11:24

どうやら右下だけ違うのが正しいみたいですね。
はじめてのスーパーカブカスタムにも載ってました。
まだまだカブは解らない事だらけです。

投稿: タグ | 2007.11.12 21:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223446/17045373

この記事へのトラックバック一覧です: オイル交換:

« リアキャリア | トップページ | お見積もり »