« 横浜の水は山梨の水 | トップページ | 一皮むけたみたい »

2008.10.26

意外と難しいランプアイ

60匹からスタートしたアフリカンランプアイですがやはり徐々に減ってきてます。
ちょっと調べてみたのですが、病気というか衰弱のようです。
サイズも小さい魚なので環境の変化にも弱いでしょうし。

元気なアフリカンランプアイがヒレがちゃんと開いていて色も透き通った薄黄色。
Dscf0586


ところが、まずは尾ビレや背ビレがシュッと閉じて体の色が白く濁ります。
次に自分で泳ぐ事が出来なくなって立ち泳ぎや逆立ちした状態で水面を漂います。
Dscf0551


写真の真ん中のがヒレが閉じて白く濁った状態。
後ろに写ってる上の2匹が更にひどくなった状態です。

すでに5匹くらいは星になってて、体の濁ってる予備軍が5匹くらい居ます。
一気にならないで日に日に増えて行く感じなのでどれくらい星になってしまうのか心配ですが、とりあえず清閑するしかないのかな。
水温は26℃なので問題ないと思うんだけど。
pH値を調べるシートが無いので明日にでも買ってきて調べてみよう。

|

« 横浜の水は山梨の水 | トップページ | 一皮むけたみたい »

熱帯魚」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/223446/42916190

この記事へのトラックバック一覧です: 意外と難しいランプアイ:

« 横浜の水は山梨の水 | トップページ | 一皮むけたみたい »