カテゴリー「カブ:カフェカブ京都 2009」の53件の記事

2009.06.25

カフェカブ京都2009レポ 復路その3

工場で萌えた後、バイツくんと分かれて本日の宿のスーパーホテルへ。
それにしてもすごい名前だな。
でもすごいお得なんですよ。
日曜宿泊のホリデープランで、朝食バイキング(たいして種類無かったけど)が付いて3,980円。
一度チェックインしちゃえば出入り自由で、チェックアウトの手続きもないのでラクチンです。
カブを停めてチェックインして晩飯食べてビール飲んであっという間に夢の中。

Dscf1573 Dscf1575


自走の疲れとカフェカブや工場での興奮疲れですっかり寝坊してしまい、予定より2時間ほど遅い出発になってしまいました。
サラリーマンだらけの四日市駅前を出発して、一気に帰ります。

岡崎のわなも華麗にパスして次のわなの豊橋も無事にパスした所でちょっと休憩。
ふと後ろを見ると、なんだか見た事ある建物があるじゃないですか。
これってみんながよく写真撮ってるとこじゃん?
公会堂って事しか知らなかったのですが、豊橋にあったのね。
10mくらい押して戻って撮影っと。
後ろが重いので跳ね馬状態。

Dscf1578

知らなかったついでに言いますと、湖西市のいつものかいがんも詳しい場所を知らないのですよ。
いや、正確に言うと昨日聞いたけど忘れたです。
たしか潮見坂の近くのコンビニのちかく・・・ここかな?
・・・ん?誰か居る?

おぉ、みなぞうさんだ。
てことは、ここがいつものかいがんであってるのね。
コーヒーがしみるー。

Dscf1583 Dscf1579


ここからはみなぞうさんに追いつき引き離されの繰り返し。
ここでも追いついた時には、みなぞうさんはもう食べ終わってましたよ。

Dscf1585 Dscf1586


さてさて、ずーっと晴れだった今回のツーリングですが御殿場あたりでとうとう雨が降り始めてしまいました。
晴れ女の力も静岡までしか届かなかったようです、残念。
かっぱを着てカメラとかは全てはこの中へ。
うーん、サイズがでか過ぎてブカブカで走りにくいのよね、カッパ。

雨ですっかり視界が悪くなってしまいましたが、なんとか道の駅ふじおやまへ。
ちょうど仕事が終わる時間のまいきーさんと待ち合わせしてたので、乗っけてった魂を無事返却。
小一時間ほど談笑して解散、さぁ帰りますよ。

Dscf1588
 
 
ここまでくればもう家に着いたも同然なのですが、メーターケーブルのワイヤーを交換するためにk@zさんちへ。
それにしてもすごい雨、バケツをひっくり返したような雨とはよく言ったものです。
前も見えない状態ですがなんとかk@zさんちへ到着。
んが、ワイヤーの長さが合わず。
k@zさん、また今度来ますのでよろしくお願いします。

k@zさんちを出て、みなぞうさんとはここでお別れ。
いろいろとありがとうございました。
 
 
ここ数日は初めて走る道ばかりだったので、見慣れた道を走るとホッとします。
でも家に着くまでがカフェカブです、油断はできません。
なんせ雨でほとんど前が見えませんからね。
ここに来て雨男本領発揮とは我ながら呆れますよ。
ゆっくり走って、10時半ころ無事帰宅しました。
 
 
走行距離:たぶん1000キロ
燃費:たぶん50km/1L
 
 
土砂ぶりすぎて箱から荷物が降ろせんません。


カフェカブ京都2009 無事終了!

| | コメント (0)

2009.06.24

カフェカブ京都2009レポ 復路その2

四日市に着く頃にはすっかり日も暮れて、萌えるにはちょうどいい感じ。

四日市には初めから寄るつもりだったので、ちゃんと下調べもしてあります。
今回の撮影スポットは「塩浜地区」「大正橋」「四日市ドーム裏」の3カ所。
 
 
バイツくんと地図を眺めて、まずは「塩浜地区」へ。
ここは工場の近くまで寄れるのだけど、ちょっと木がじゃまだったり工場自体がまばらだったりでちょっと微妙な感じ。
それでもグッと来るものはあります。

煙突もいいのですが、こうゆうタンク的な物も大好き。
何?何が入ってるの?

Dsc_0216
 
 
写真じゃわかりにくいけど影にひっそり見える丸いタンクが太いロケットに見えてしょうがなかった。
飛ぶの?飛んでいいよ?

Dsc_0222
 
 
橋を渡ると全体を見渡せます。
ちょうど堤防沿いに道があって撮影しやすい。

Dsc_0217
 
 
たまに見かける排気口のような施設。
これを見るたびに、実は噴射口で地球を押すのでは?なんて思ってます。

Dsc_0223
 
 
 
次の撮影スポットは「大正橋」
R23に架かっている橋なのでカブを停められるか不安だったのですがちょうど停められるスペースがあってゆっくり撮影出来ました。

Dsc_0227
 
 
 
最後は本命「四日市ドーム裏」です。
敷地内に入ってからちょっと迷ったけど無事到着。

Dsc_0240
 
 
ここはポートビルから見た工場地帯を側面から見る事が出来ます。
うーん、この夜景はぜひ上から見てみたい。

Dsc_0248
 
 
この入り組んだ配管が何とも言えません。
の、登ってみたい。

Dsc_0249
 
 
タンクっていいよね。
近くで見たらデカイんだろうなぁ。

Dsc_0251
 
 
そうそう簡単に来る事が出来ない四日市。
なので十分堪能させていただきましたよ。
今度はぜひポートビルから夜景を見たいです。

Dsc_0255
 
 
萌え尽きました。

| | コメント (0)

2009.06.23

カフェカブ京都2009レポ 復路その1

関東組は基本的に行動は皆バラバラ。
真っすぐ帰る人、もう一泊する人、もう二泊する人、各自のペースで帰路につきます。
皆さんお気をつけて!

で、僕はバイツくんと四日市に行くのでとりあえず関宿で待ち合わせ。
まぁせっかく京都まで来たんだし、京都駅とか京都タワーとかもちょろっとでいいから見たいじゃないですか。
幸い京都駅の標識もすぐに見つかったし、タワーは上見てればどっちに行けばいいか簡単にわかるしね。
ま、問題なのはどうやってR1に戻るかですよ。

もう一回言います、戻るかですよ。

必要以上に京都をぐるぐるして急いで関宿を目指します。
途中ハルカくんとユキちゃんに追いついて軽く挨拶。
そうそう、380キロをタンデムできるなら東京まで来れるんじゃん?

鈴鹿峠をこえた頃なのですが、ふとメーターを見てみると針が1ミリも動いてないのですよ。
あわてて停まってメーターケーブルを確認しても抜けてる訳じゃないし、なんでだろ?
とりあえずケーブル外してみようかと車載のドライバーで頑張ったのですがネジ山をナメそうなので断念。
まぁ普段からそんなに飛ばすほうじゃないのでいつもの感じで走ってれば問題ないしね。

関宿の手前でみなぞうさんに追いつかれた。
早いっすよ。

で、関宿に着いたのでメーターが動かない事を先に着いてたバイツくんに話したらとりあえずケーブルを外してくれる事に。
バイツくんのカブから工具が出てくる出てくる、助かります。
で、結局ワイヤーが切れちゃってるのでどうしようもなくこのまま行く事に。
バイツくん、ありがとね。

Dscf1567 Dscf1568
Dscf1569_2


さぁ、行きますよ四日市!

| | コメント (2)

2009.06.22

カフェカブ京都2009レポ イベント当日

待ちに待ったカフェカブ京都当日がやってきました。

朝食を済ませてホテルの前でフクピカ祭りです。
みな気合い入れて磨いてピカピカですよ。
僕ですか?
途中で飽きたとかじゃないですよ?
汚れはほら、ロングツーリングの証ですから。

Dsc_0077
 
 
さぁ、出発です。
目指すは梅小路公園ですよ。

カメラを向けると必ずリアクションをしてくれるきーんさん。
ごめん、ピントはkanchiくんに合ってるのよ。

とにかく目立つ、関東を代表する2人の紳士。

Dsc_0080 Dsc_0081


途中、ちょっとだけ京都観光をして梅小路公園に到着。
すでにエントリー待ちの列が出来てます。
もうすごい台数ですよ。

Dsc_0141 Dsc_0140


並んでる最中もスタッフさんと話したりお久なカブ友と話したりであっという間にエントリー終了。
何処を見てもカブカブカブ。
そしてインタビューを受けるツッカーさん。

Dsc_0143 Dsc_0146 Dsc_0145


さぁカフェカブ京都、楽しみます!
とにかくカブを見まくります!

Dsc_0147


まずは自分大好きなので自分のカブを。
カラフル万歳!

Dsc_0160


僕の中ではこの3台はいつも1セット。
相変わらずいい色してますな。

最後にちょろっとだけお話し出来たmaniさん。
炎天下での撮影、お疲れさまでした。
ステッカーありがとね。

Dsc_0176 Dsc_0150


何だか受け付けする側とされる側でみょーな感じだった三次さん。
晴れ女、強すぎだよ。

箱がかっこいいだてりんごくん。
ステッカーあるんだって?
貰ってないよ?

Dsc_0174 Dsc_0200


就職が決まったコタくん、おめでとう。
サイドカバーのcub.oがちょうかわゆい。

482台中456番めのバイツくん。
エラい後ろのほうだったんだね。

Dsc_0201 Dsc_0189


いつも不思議でシュールな文章でどんな人なのか気になってたマイケルさん。
お話ししてあの文章が生まれるのがわかった気がします。

マイケルさんと一緒に居た女性の方、たしかレディース賞でしたよね。
(ちょっと自信ない)
エアクリカバーと他のパーツのアンバランスが妙にかわいい。

Dsc_0193 Dsc_0204


そして、人気投票一位のカブ。
奇抜な色ではあるんですけど、それより細かい所の完成度とバランスがいい。
一位納得です。

Dsc_0164
 
 
さて、お昼になったのでお店探し。
スタッフさんが作ってくれたマップも検討したんだけど、小栗さんとこの近くのインドカレー屋に決定。
この暑い日にカレーという変態なチャレンジャーなご一行。
ところがどっこい、美味いよチキンカレー。
アイスまでサービスしてもらっちゃってゴチです。

Dsc_0177 Dsc_0180
Dsc_0188


やはり今回も気になるデカケツカブ。
でも意外と少なかったな、見落としたかな。

Dsc_0165 Dsc_0199 Dsc_0166
Dsc_0195 Dsc_0197 Dsc_0191


楽しい時間はあっという間に過ぎるもの。
カフェカブも例外じゃないですね。

で、最後に黄ケツ祭り。

Dsc_0207
 
 
たのしかったー!!

| | コメント (4)

2009.06.21

カフェカブ京都2009レポ 往路その5

四日市を後にして目指すは本日の宿のある大津です。
もう残りもたった90キロ程度。
すっかり距離感覚がおかしい。

ブイブイ走って道の駅 関宿へ。
ここできーんさんに追いついた、てか何処で抜かれた?

Dscf1526

しばらく話して、ここからは一緒に行く事に。
それにしても鈴鹿峠って気持ちいいね。
車も少ないしもちろん信号もずーっと無いし。
うひょーテンション上がるー!
でも坂道登らねー!

峠を抜けてようやく大津に到着。
えーっとホテルは駅の近くだけど・・・お、あれかな?
って、なんか前からバイクの集団が。。。

α1

先に大津入りいしてたみんなが小栗商店からちょうど帰ってきたとこでしたよ。
タイミングいいなー。

みんなは宿で休憩するらしいので、きーんさんと小栗商店に行く事に。
道が全然わからないのできーんさんに着いていって初小栗。
ちょうどあたらんたさんも着いた所らしくそろって店内でゆっくり雑談。
そうそう、初めて冷やしあめを飲んだんですけどね。
まぁなんて言うか、その、お、おいしかったですよ?

Dscf1554 Dscf1559

宿に戻って前夜祭!
いやー、ビールが美味い。

明日はついにカフェカブ京都です!

| | コメント (0)

2009.06.20

カフェカブ京都2009レポ 往路その4

岡崎のわなにハマって時間を食ってしまいましたがもう一カ所より道です。

そう、工場のメッカ四日市。

目指すは四日市ポートビルの展望展示室
エレベーターで14Fに登って受付で300円払っていざ!

Dsc_0027

Dsc_0034

Dsc_0035

Dsc_0036

Dsc_0047

ちょっとガスってるけど一面の工場ですよ。
川崎とかだと上から見る事って出来ないのでかなり面白い。
多分夜景とか最高なんだろうな。
ちなみに普段は午後5時までで、土曜のみ夜の9時まで登れるらしい。
うーん、ぜひ夜に来てみたい。

ちなみに工場側じゃないほうは港になってます。
キリンがいっぱい、ふふふ。
面白そうなのでミニチュア風にしてみたです。

Dsc_0068tiltshift
 
 
工場たのしー、帰りも寄るよー。

| | コメント (2)

2009.06.19

カフェカブ京都2009レポ 往路その3

富士を後にしてバイパスをかっ飛ばします。
だってすでにみんな掛川より向こうに行っちゃってるし、追いつきたいじゃないですか。
kanchiくんは50ccだし、そんなに飛ばしてないはずですしね。

とは言っても、やっぱりちょこちょこと寄り道はしますけど。
まずは駿健、きーんさんが泊まってるはずですよ。

駿健

いたいた。
おやベトキャリになんか挟まってる、バイツくんの書き置きじゃん。
ふふふ、ペンペンっと・・・書き書きっと。
んじゃ、おっさきー。

駿健を出てすぐに静清バイパスの迂回ですな。
ちゃーんと調べてありますよ。

ありますよ?

ここどこ?

Dscf1506 Dscf1507


I LOVE GPS!
I LOVE HYOUSIKI!

清水で軽く罠にハマりかけましたが、他の迂回は掛川バイパスを間違えて降りたくらいで華麗にパス。
そういえば湖西市のあの海岸に行ってみたいんだけど、場所知らないんだよね。
とりあえず道の駅 潮見坂行ってみたらそのまま海岸に出れたですよ。
んー、ちょっと違うけどあの海岸この海岸は繋がってるはずだし、とりあえずいいか。
しばらく海を眺めてちょっと休憩。
さて、帰りま・・・ダチョウ?

Dscf1510 Dscf1519


ダチョウに別れを告げてR1に戻ろうと走ってたら前からバイクが来るじゃないですか。
よーっく見ると・・・。


あたらんたさんだ、やほーい!
こーゆうのテンション上がるわぁ。
ブイブイ行くぜー!

ブイブイ。

ここどこ?

どうやら豊橋でR1を曲がり損ねたらしい。
何で曲がり損ねるかねぇ、不思議だ。
その後なんとか蒲郡のマックまで着いたので地図を眺めながら朝飯。

Dscf1521
 
 
地図見たら、このままR23で四日市まで行けちゃうじゃん?
なーんだ全然迷ってないじゃん。
よーし、ブイブイ行くぜー!

ブイブイ。

ここどこ?

どうやら岡崎の罠にハマったらし。
こんなとき、車載ビデオって便利ですよね。
後でどこを通ったかわかりますから。

で、これが走行ルート

なんだ、たいして迷ってないじゃん。
ちゃんとR23R1に出れたしね。

はっはっは。

| | コメント (2)

2009.06.18

カフェカブ京都2009レポ 往路その2

富士東ICでR1を降りて左へ、まずは日本製紙の工場へ。

製紙工場のあの独特のニオイがほのかにしますが気にせず奥へ。
すると何やらゴウンゴウン、ジャラジャラと音がします。
向かってみると何かデカイのが回ってる!

Dsc_0011 Dsc_0007


直径2mほどの筒か10本くらい束になってるのがゆーっくりと回ってます。
しかもその先には20mくらい長い筒がつながっててそれも回ってます。

念のため動画も撮ったけど、暗くてほとんど映ってないかな。


ほんのり熱も伝わってきてテンションも上がる、すげー。
ずっと眺めっても飽きないなー。

Dsc_0015
 
 
他にもいろんな工場があって以外と見所が多いかも。

Dsc_0021
 
 
バイパスの反対側にも工場は多いらしい。
あまり奥まで行けなかったけどコレは期待できます。
今度ゆっくり萌えに来よう。

Dsc_0025
 
 
ふと空を見るとほんのり明るくなってるじゃないですか。
時計見たらすでに4時過ぎ。
んー、長居しすぎたかな。

| | コメント (4)

2009.06.17

カフェカブ京都2009レポ 往路その1

去年のカフェカブ青山で沢山の人と約束をしました。

「来年は京都行くよ!」

という訳で、行ってきましたカフェカブ京都。
 
 
横浜から京都まで片道約500キロ。
とりあえず夕方に着けばいいのですが、途中寄り道もしたいので金曜の夜11時頃に出発。

Dscf1489
 
 
それにしても、みんな出発早いよね。
みんな走るの速いんだからもっとゆっくり出ればいいのに。
とまぁそんな事を思いながら走ってると、何やら後ろに近づいてくるバイクが1台。
ツッカーさんじゃないですか。
秦野から松田まで一緒に走ったところで各自のペースで行く事に。
あっという間に置いてきぼりですよ。

往路1


しばらく走ってたらちょっと小腹が減ったのでコンビニで買い物してから、道の駅ふじおやまへ。
先に着いてたツッカーさんと雑談しながら夜食タイム。
おにぎりにマックスコーヒーという絶妙な組み合わせ、美味しい。
それにしても他のみんなはずいぶん先に行ってるなぁ。

Dscf1494
 
 
お腹も満たされたので1:30にふじおやま出発。
沼津で246に入りブイブイ走ります。
そう言えばSCMの時は桜がきれいだったなー。
来年も桜の時期にここは走りたいな。

さてさてしばらく走ると最初の寄り道、富士です。

ふふふ、ちょっくら萌えますかね。

| | コメント (0)

2009.06.16

本日も雷雨なり

今日はお昼頃にゆっくり起床、 I LOVE 有給。
のんびりと積んで行った荷物を片付けながらカフェカブ京都に参加した人のレポ読んだりコメント書いたりコメントに返信したり。

さて、箱の上に積んでたPacific Outdoorのバックパックですが雨具を入れてたんですね。
御殿場あたりで降り始めた雨でカッパ着たのでバックパックの中は空っぽだったのですが、中に雨が溜まってました。
もうね、魚飼えるくらい。
完全防水じゃないけど、こんなに浸水するとは。
横置きの状態で、しかもネットで縛ってクシャクシャになってたからかな。

そんな訳でカッパやらグローブやらと一緒に干してたんですけどね。

雨音で目が覚めたわけですよ。
いつの間にか寝ちゃってたみたいで。
せっかく乾いたのにまた昨日の状態に戻っちゃいました。

Dsc_0006

部屋干しの季節ですね。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧