カテゴリー「カブ:四国まるっと一周ツー 2009」の125件の記事

2010.01.22

四国まるっと一周ツーレポ 復路編

5時半に東京着なので、4時半ごろから起きて船内をぶらぶら。

外はうっすら明るくなって、何となく見覚えのある風景に。

Dscf2612
 
 
ついに東京にへ。
楽しかった四国一周ツーも残す所あと40キロ。

Dscf2611
 
 
早朝の銀座を抜けて8時前に無事帰宅。

Dscf2615_2
 
 
ふとした思いつきで行く事になった四国。
実際行ってみるまでは不安でしかたが無かったけど、行ってみたら楽しいのなんの。
天候にも恵まれたし、キャンプも楽しかったし。
時間が許すならもう一周してもいいくらい。

ぜひ今年も四国上陸したいです。


0
 
 
それにしてもよく走ったもんだ。

| | コメント (2)

2010.01.21

四国まるっと一周ツーレポ 7日目

ついに四国も最後の日。
10時くらいには徳島に着かなきゃなので早朝に出発、朝日がまぶしいぜ。

01dscf2515 04dscf2522


ひたすら走って大鳴門橋へ。

06dscf2530 07dscf2534


早朝だってのに外人さんが渦潮眺めてる。

08dsc_0200
 
 
これが渡れれば淡路島行けるのに、残念。

09dscf2537
 
 
時間が余ったのでちょっと寄り道。
まぁ本当かどうかは知らないけど日本一らしい。

10dscf2539 11dscf2541


日本一の登山をして時間もちょうどよくなったので目指すはフェリー乗り場。

12dscf2543


フェリーはすでに停泊中。
あぁ、これに乗ったらもう四国も終わりか。。。

13dscf2545
 
 
受付で手続き。
あらためて見ると四国デカイな。

14dscf2548
 
 
行きと同様に行き先の紙を張ります。
ていうか、帰りは東京にしか行かないんだから貼る必要なくね?

15dscf2551
 
 
時間になったのでフェリーへ乗り込み、九州からの先客にカブ発見!
そして帰りはお客が少ないのか1人で2人分使えるゆったりさ。

16dscf2557 17dscf2559


ついに出航のとき、名残惜しい。
さらば四国、また来るよ!

19dscf2568
 
 
夜、風をあびにデッキに出てみるとすごい明るい月。
月を見ながら四国振り返ったりして、にんまり。

20dscf2595
 
 
四国最後の7日目終了!

「高松 → 徳島」

| | コメント (0)

2010.01.19

四国まるっと一周ツーレポ 6日目

すっかり忘れてた四国レポ。
なんだかもう古き良き思い出になりつつあるのですが何とか思い出して・・・。

今日も快晴、目指すは港。

Dsc_0071
 
 
フェリーの前にまずはumie。
でもまだ開店前、またあとで来よう。

Dsc_0074 Dsc_0081


えーっと、直島行きはっと。。。

Dsc_0084
 
 
お、このフェリーだね。
それにしてもカブの固定方法が簡単過ぎ。
波がないからかな。

Dsc_0085 Dsc_0088


そてにしても天気がよくて気持ちいい。
波がないから揺れないし、甲板にずっと居たい。

Dsc_0090 Dsc_0096
Dsc_0094


直島に近づくと。
ん?
んん?
んんん?
んんんーーーーーん?

Dsc_0097 Dsc_0145
Dsc_0100
Dsc_0099


毒カボチャ!
中にも入れるよ。

Dsc_0107
 
 
直島はアートの島。
島のあちこちに面白い物がいっぱい。

Dsc_0113 Dsc_0115
Dsc_0119


そしてこの島の一番の目的、黄カボチャ。

Dsc_0133
 
 
この唐突さがよい。

Dsc_0131
 
 
念願のご対面。
周りの人の目線なんて気にしません。

Dsc_0127 Dsc_0128


一通り一周したのでフェリー乗り場にもどってベンチで寝転んで休憩。
四国に来てずっと走ってたのでゆっくりした時間が心地いい。

Dsc_0140
 
 
高松に戻って今度は讃岐うどん。
事前に調べてた池上製麺所へ。

Dsc_0156
 
 
が、まさかの本日終了。
そうか、今日は平日か。。。

Dsc_0157 Dsc_0158


しかたがないので、有名店の山田屋へ
老舗なのでちょっと上品。
ま、これはこれでありかも。

Dsc_0160 Dsc_0161
Dsc_0162 Dsc_0168


高松へ戻って再びumieへ。
おしゃれな店内、ちょっとどきどき。

Dsc_0177
 
 
ケーキを食べ終わったら窓際へ移動。
窓の外は港、ぼーっと眺めてて時間を忘れちゃいます。

Dsc_0179
 
 
店長さんとオックンやtamagonさんの話で盛り上がり、最後は店員さんのカブと並べて撮影会。
ぜったいまた行くよ!

Dsc_0192 Dsc_0197


名残惜しけどumieを後にして早めに就寝。

Dsc_0189
 
 
ゆっくりのんびり6日目終了!

「高松 → 直島 → 高松」

6

| | コメント (2)

2009.11.13

四国まるっと一周ツーレポ 5日目

もしかしたら初めてだったかもしれません、波の音で目が覚めたの。

どうやら明け方まで雨は降っていたみたいで、テントもカブもびしょびしょ。
こりゃたたむの大変だ。

Dsc_0144
 
 
とりあえずテントとカブを拭いて、外側のカバーをカブに掛けて乾かして。。。
まぁすぐには乾かないので朝食を食べて浜辺を散歩。
誰もいないのでプライベートビーチみたいですよ。
砂浜には僕の足跡だけしかないし。

Dsc_0148
 
 
海も思ったほど冷たくないし気持ちいい。
カメラ片手に1時間ほど散歩。
天気がよければもっと良かったのだけどね。

Dsc_0151
 
 
ある程度テントも乾いたので撤収準備開始。
せっかくなので遠くに微かに見えるしまなみ海道の島々をバックに記念撮影。
三脚建ててタイマーで撮ってを何回も繰り返す。
釣りに来てた人が変な目で見てたけど気にしならない、僕も少しは成長したらしい。

Dsc_0175
 
 
さて、5日目はしまなみ海道を行って帰ってきてそのまま高松まで予定です。
ちなみに高松は、今回唯一のホテル泊。

荷物まとめて準備オッケイ、5日目スタートです。
七五三ヶ浦から国道317に出てとりあえず西瀬戸自動車道の今治北ICへ来たけど、ここは自動車専用道。
原付は入っちゃダメよの看板もあるししまなみ海道ってどこから乗るの?
で、なんどか行ったり来たりを繰り返してたら看板発見。
どうやら糸山公園ってのに向かえばいいらしい。
ということで県道161で糸山公園へ。

Dsc_0182
 
 
しばらく走ってぐるっと坂を上ると糸山公園の手前で瀬戸内海横断自転車道の入り口に到着。

Dsc_0186
 
 
ちなみに今治は造船業が盛んらしく、あちこちに造船所がありました。
船の輪切りがおもしろい、ああやって作るのね。

Dsc_0189 Dsc_0190


さて瀬戸内海横断自転車道ですが、橋によって入り口が歩行者自転車・原付と分かれてたり一方通行・対面通行だったりとまちまち。
まぁ必ず看板があるので迷う事は無いと思うけど、僕は何回か間違えたです。

Dsc_0191
 
 
「来島海峡大橋」
しまなみ海道で一番長い橋。
途中に小さい島があって橋自体は来島海峡第一大橋・来島海峡第二大橋・来島海峡第三大橋に分かれてます。

Dsc_0196
 
 
途中立ち止まって、海を見ると島の淵が波立ってる。
いかに潮の流れが速いのかってのがわかる。

瀬戸内海横断自転車道は原付(125cc以下)、自転車、そして徒歩で渡れます。
徒歩の人もちらほら居ますが、やはり自転車が多いです。
この日も家族でサイクリングしてる人たちが結構居ましたね。

Dsc_0208 Dsc_0220


さて、一つ目の橋を渡ってすっかり緊張がとけたのでアイスを食べながら記念撮影。
いや橋を渡るだけなのですが、初めてだと緊張しますよ。

Dsc_0222
 
 
今回、せっかくしまなみ海道に来たのだからどうせなら全ての島を一周しようと言う事で出来る限り海岸沿いを時計回りで走る事にしました。
行きに半周帰りに残りの半周って感じですね。

Dsc_0230 Dsc_0227


最初の島「大島」をぐるっと半周、結構時間かかりますね。
伯方・大島大橋の入り口に到着。

Dsc_0244
 
 
ちなみに各橋を渡るのに通行料がかかります。
料金所には人が居る訳ではなく料金箱があるだけ。
ほとんどの橋が原付50円なので、事前に50円玉をたくさん用意しておいた方がいいですね。
僕は途中で50円玉が尽きて100円玉入れて、次の橋で心の中で「さ、さっき払いましたから(汗」とつぶやきました。
僕、なんて小物なんだろう・・・。

Dsc_0245 Dsc_0250


「大島大橋・伯方橋」
途中、見近島という小さな島で2つの島に分かれてます。

Dsc_0254
 
 
見近島は公園になっていて野営もできるらしい。
ちょっと寄ってみたけど自転車でテントを張っている人もいました。

Dsc_0264 Dsc_0263


伯方島はしまなみ海道が左端にちょこっとかかってるだけなのですぐに次の端へ着いちゃいます。

Dsc_0273
 
 
「大三島橋」
アーチ型でちょっと短め。
大島大橋と名前が似ててややこしい。。。
Dsc_0274
 
 
しまなみ海道で一番大きな島、大三島。
伯方島とは逆に右端にしまなみ海道がかかってるので、半周もすごい長い。
そして結構峠っぽい道も走ります。
それにしても道に石が落ちてて走りにく・・・石が動いた?
と思ってゆっくり走ってよく見ると・・・カニ!
いたるところにカニ、カニ、カニ。
こりゃ避けて走るの大変だ。

Dsc_0286 Dsc_0287


ようやく大三島をほぼ一周したところで次の橋が見えた。

Dsc_0296
 
 
きれいな吊り橋で、原付道のちかくに橋を見る展望台もあったりする。
天気がよければもっといい眺めなんだろうな。

Dsc_0305
 
 
「多々羅大橋」
吊り橋型のきれいな橋。
この橋を渡ると広島県です。

Dsc_0307_2 Dsc_0309


さて、生口島を例のごとく時計回りで回っていると、ふとコンビニに2台とまってるのが目に入りました。
信号待ち中だったのでじーっと眺めてたらオーナーらしき人と目が合って軽く会釈。
よく見ると何やら大掛かりな荷物があるし、もしやツーリング中か?と思ってすぐに引き返して行ってみました。
予想的中、大学生2人組でしかもナンバーは立川と青梅。
自走できたらしいから2度ビックリ。

Dsc_0312
 
 
しばらくツーリングやカブのカスタム・ボアアップの話とかで盛り上がって次の橋まで一緒に行く事に。
それにしてもその荷物をしょって自走なのがすごい。
箱にしないの?って聞いたら、そっか箱って手があったかって返されて更にビックリ(笑

Dsc_0313 Dsc_0315


生口橋の原付道入り口で記念に写真を撮ってここでお別れ。
まさか四国でカブツーリングの人と合えるとは思わなかったのでほんとに楽しかった。
彼らは先に行ったので、僕もぼちぼちツーリング再開です。

Dsc_0317
 
 
「生口橋」
多々羅大橋にくらべてちょっと控えめな吊り橋。
70キロ制限の標識があるけど、車の方ね。
原付道はたしか20キロ制限だったはず。

Dsc_0320
 
 
だんだん時間が気になって来て少し急いで因島を回って原付道に到着。
実はずっとインシマだと思ってた。。。

Dsc_0321
 
 
「因島大橋」
唯一、原付道が車道の下を通ってる橋。
やっぱり眺めがよくないから、走っててあまり面白くない。

Dsc_0322
 
 
外観はこんな感じ。
まぁ雨の日は楽でいいかもね。

Dsc_0324
 
 
向島を回って最後は尾道大橋。
唯一ちゃんとした料金所があって車も通ります。
一番しっかりしてそうなのに料金は一番安い10円。

Dsc_0328 Dsc_0327


ついにしまなみ海、道往路終了!
いやー、楽しい。
そういやここ、本州なのよね。

Dsc_0338
 
 
さて10時に渡り始めたしまなみ海道ですが、すでに17時近くになっています。
片道だけで7時間ですね。
単純に考えると、しまなみ海道を戻るだけで日付が変わってしまいます。
そして今日は高松にホテルと取ってあります。
んんんー、行けるのか?

多々羅大橋に戻って来た頃にはすっかり夕日。
こりゃ急がねば。

Dsc_0352
 
 
大三島橋を渡った所で完全に日が沈み、島の外周を回るのは断念。
だって真っ暗なんだもん、危なくて走れないですよ。

Dsc_0362
 
 
ついに最後の来島海峡大橋に到着。
この橋を渡れば今回のしまなみ海道往復もおわり、ちょっとさびしい。

Dsc_0376
 
 
橋を渡りきって、しまなみ海道往復終了!
往復約250キロでした、長かった。

Dsc_0394
 
 
ここからは写真がありません。
時刻はすでに20時を回ってます。
ここから高松までおよそ150キロ。
ちなみにホテルは0時までにチェックインしないと閉まっちゃうとのこと。
ホテルにはギリギリになる旨を電話して急いで出発。

一般道なのであまり飛ばせないし、国道といっても片側1車線なので車を抜こうにも抜けない。
途中で飯を食べちゃったりと、無駄に時間を使ったりしたのでホテルに着いたのはほんとにギリギリの23時57分。
何とか滑り込みでチェックイン出来てよかった。

ホテル内の温泉に入って酎ハイ飲んで、久々のベッドであっという間に就寝。
 
 
計画の甘さを痛感した5日目終了!

「今治 → 高松」

5

| | コメント (0)

2009.10.27

四国まるっと一周ツーレポ 4日目

チャリンチャリン・・・ピッ、ガコンッ!

うーん・・・。

ビクッ! ヒソヒソ・・・(ひ、人が寝てるよ)
 
 
上記×2回
 
 
4日目の朝の出来事です。
寝たベンチの隣が自販機でした。

Dsc_0001
 
 
飲み物買いに来た人、すみません。
でもそんなに驚かなくてもいいじゃないですか。
しかも2人も。

そんな感じで目が覚めて4日目スタート。
あいにく佐田岬メロディーラインは雨降りで、今回初カッパ。
でもメロディーラインが終わって三崎港に着いたら雨がやんで一安心。
どうやら山の上だけ降ってたみたい。

さて、ここ三崎は国道フェリーが出てる港です。
ちょうどフェリーが来てて出発する所でした。
コレに乗ると九州まで行けるんだよねえ。

Dsc_0003
 
 
ここからは細い道をくねくねと。
前方にはまたもや風車、10機以上あるよ。

Dsc_0009
 
 
しばらく走ると佐田岬の駐車場、ここから更に歩きます。
山道を登って下ってようやく灯台に・・・ってなんで上から目線やねん!

Dsc_0020 Dsc_0022


気を取り直して、ようやく灯台に到着。

Dsc_0024 Dsc_0028


佐田岬灯台。
うーん、天気が曇りなのが残念。
でもなかなか大きくてかっこいい灯台です。

Dsc_0053
 
 
灯台のふもとに行くと四国最西端の階段(?)と地図。
おぉ、すぐそこは九州じゃないですか。

Dsc_0030 Dsc_0036


とう事は、向こうに見えるのは大分県ですね。
うーん、泳いで行けそう?

Dsc_0037
 
 
灯台を後にして、メロディーラインでまた雨に降られてR378をぶいーんと。
途中で濡れたカッパも乾いたので海を見ながら脱いで、また走って。
マップルに乗ってた青春18きっぷのポスターになった下灘駅にちょっと寄り道。

Dsc_0074
 
 
駅の向こうは海、天気がよかったら確かにいいロケーション。
単線でなんか落ち着く駅です。

Dsc_0077 Dsc_0081


また海沿いをしばらく走って松山へ。
おぉ、路面電車だ!

Dsc_0084
 
 
ここで、ブログにコメントをくれるじょにさんと待ち合わせ。
わざわざ仕事中に来ていただいてありがとうございます。
ほんとはもう少しゆっくりして行きたかったのですけど、さすがに今日は日が暮れる前に設営をしたかったので少しだけ立ち話を。
その後、道後温泉の行列を軽く眺めて、目指すはしまなみ海道の付け根にある七五三ヶ浦キャンプ場。

でもその前に。。。

Dsc_0100
 
 
ついに1,000キロ!
ほんと、いっぱい走ったなー。

Dsc_0103


1,000キロ超えたし、本日の寝床まで日没前に着く事も出来そうなので遅い昼食。
道の駅でぼっかけ丼。
今日は気温が低いので暖かい汁が体に染みます。

Dsc_0107 Dsc_0109


予定通り日没前に無料の七五三ヶ浦公園キャンプ場へ到着。
キャンプは先客の家族1組居るだけであとは釣り人しかいません。
いそいそとテントを張って防水プスレーをして設営完了。

Dsc_0110
 
 
駐車場とテント区画の前は広々とした砂浜。
広くて砂もきれいで人も少なくていい。
まだ日も沈みそうも無いので少し散歩。
と思ったら雨降って来たのでテントに避難。

Dsc_0115
 
 
雨はパラパラと降ったりやんだりだったので結局晩飯もテントの中。
少しだけ雨がやんだので出てみると、灯台と漁船の光。
聞こえるのは波の音だけ。

Dsc_0138
 
 
余裕があって安心だった4日目終了!

「佐田岬半島 → 今治」

4

| | コメント (0)

2009.10.25

四国まるっと一周ツーレポ 3日目

周りの人の声で目が覚めてもそもそ起床、うーんよく寝れた。

Dscf2490
 
 
すぐ横が四万十川だからなのか、朝露がすごかったらしくカブもテントもびしょびしょ。
こりゃ拭くのが大変だ。

Dscf2488 Dscf2489


防水スプレーしておけば良かったなぁと思いながらテントを拭いて、軽めの朝食をとって3日目スタートです。
まずは四万十川を川沿いに下って行きます。
四万十川と言えば沈下橋、見つけ次第寄って行きます。

Dsc_0103
 
 
岩間の沈下橋、絶景です。
ここでキャンプをしたら楽しいだろうなぁ。

Dsc_0112
 
 
途中、大小さまざまな沈下橋があってそれぞれ形も違うし面白い。
それにしても、落ちた人って居ないのかなぁ。

Dsc_0116 Dsc_0126


サイドスタンドで停めると、ちょっとドキドキ。

Dsc_0134
 
 
太くなったり細くなったりする四万十川を下って行ってついに最河口へ到着。
まぁ正直どこが境目なのかわからなかったけど、たぶん左が海で右が四万十川。

Dsc_0143
 
 
次の目的地は足摺岬、四国最南端です。
どうやら観光シーズンは車は手前の駐車場からシャトルバスか徒歩で行かなければならないようですが、バイクはそのまま岬の駐輪場まで行けるとの事、ラッキー。
駐輪場にはジョン万次郎が居ます。

Dsc_0163 Dsc_0164


灯台に行きたい気持ちを抑えてまずは天狗の鼻へ。
荒波の岬の上に灯台発見。

Dsc_0166 Dsc_0174


続いて展望台。
四国最南端から見る海はどこまでも青い。

Dsc_0186 Dsc_0190


そして足摺岬灯台。
このまま宇宙へ飛んで行ってしまうんじゃないかというデザイン。
青い空に白い姿がすごい栄える。

Dsc_0215

ジョン万次郎ロードを通って国道321へ。
四国はほんとにワインディンロードは多くて楽しい、時間はかかるけど。

Dsc_0223 Dsc_0227


お昼ご飯を食べようと思った足摺黒潮市場は激混みなので鯖コロッケで我慢。

Dsc_0230
 
 
結局昼飯は道の駅で焼きさば鮨とペラ焼き。
でもこれがけっこう美味しい。

Dsc_0232 Dsc_0234


食べ終わった後、駐輪場で荷物のチェックをしてるとBMWに乗ったお兄さんが話しかけて少し雑談。
どうやら今晩から天気が崩れるらしい。
今日のうちに距離を稼いでおいた方がいいね、という事で行けるとこまで行く事に。
途中、キャンプ場はたくさんあったけど総スルー。
まぁ今思えばここに泊まっておけば良かったなと。。。

Dsc_0237
 
 
途中、予定に無い灯台を発見。
ふらふらっと近寄ってみると。。。

Dsc_0240
 
 
叶岬灯台。
ハット型のかわいい灯台、この形の灯台が好き。

Dsc_0254


次は高茂岬。
ここは夕日が有名らしい。
たしかに景色が開けてていいかも。

Dsc_0303 Dsc_0276

夕日まではちょっとまだ時間があるけど、確かにきれい。
でも灯台はちょっとがっかりな感じ。

Dsc_0277 Dsc_0292


高茂岬から国道へ戻る途中、遠くに風車発見。
四国はほんとに風力発電多いな。

Dsc_0306
 
 
ほんとは佐田岬半島の無料キャンプ場まで行く予定でしたけど、どう考えても無理なのでマップルでキャンプ場探し。
宇和島の先の西予市にユートピアが近くにある無料キャンプ場を発見、行き先決定。
でもキャンプ場へ着く前に日が沈み、今日も日がくれる前に寝床に着く事が出来ずです。

Dsc_0309
 
 
ここからは急いでたのと真っ暗なのとで写真無し。

松山自動車道の西予宇和IC近くから山の方へ入って行き野村ダムへ到着
9時に閉まっちゃうので先にユートピア宇和でお風呂。
その後、桂川渓谷キャンプ場へ。
ところがここのキャンプ場、渓谷沿いにあるため狭いようです。
すでに先客がいて、テントを張るスペースがない。
案内看板を見ると山を登って15分くらいで第二キャンプ場に行けるらしいけど、真っ暗の山道を歩く事は出来ないので断念。

しょうがないのでこのまま北上する事に。
だんだんテンションが上がって来て、結局当初の目的地の佐田岬まで来ちゃいました。
でも宿はもちろんテントを張る場所も無いので、道の駅 伊方きらら館のベンチで就寝。

長い一日の3日目終了!

「四万十 → 佐田岬半島」

3


| | コメント (2)

2009.10.15

四国まるっと一周ツーレポ 2日目

Dscf2289

眠い目をこすりながらもぞもぞ起きてパンとコーヒーで朝食を食べてると、管理人らしきおじさん登場。
キャンプ場代1,000円を徴収して行きましたよ。
ちょっと高いけど昨日の星空代と思えば安いのかも。

Dscf2303
 
 
まぁ、結構きれいなキャンプ場だしね。

Dscf2301
 
 
さて、いそいそと撤収して2日目スタートです。
キャンプ場から海を眺めながらぐんぐん下って行ってまずは室戸岬へ。

Dscf2314
 
 
荒波の室戸岬。

Dsc_0057
 
 
あれ?そういえば灯台が見当たらないな。
と思って振り返ったら、さっき下って来た丘の上の灯台発見。

Dsc_0071
 
 
さっきの坂をまたぐんぐん登ってキャンプ場の手前で看板発見。
今回の四国で唯一のお遍路「最御崎寺」にもちょっとだけ寄り道。

Dsc_0072 Dsc_0076


最御崎寺を過ぎて少し歩くと白い建造物が。。。

Dsc_0077 Dsc_0078


室戸岬灯台です。
きれいなので見てて飽きない。

Dsc_0080
 
 
とにかくレンズが大きくてきれい。

Dsc_0084
 
 
それもそのはず、日本一だって。
すごい明るいんだろうな。

Dsc_0088
 
 
さて、今日は四万十川を目指して走ります。
南国風の海岸線を気持ちよく、道も空いてて爽快に!

Dscf2327
 
 
途中、道の駅やすで小休憩。
道の駅の裏が公園になっててすごいくつろげる。
少し歩けば浜だし、気持ちいいわぁ・・・ん?

Dscf2351_2 Dscf2354


なんか立ってる。
道路・・・ぽいけど。
少し戻るけど行ってみるしかないですよ。

Dscf2357
 
 
ほんとに道路じゃん。
調べてみたら掘込港湾の可動橋らしい。
動くとこ見てみたい。

Dscf2362 Dscf2360


ここからはずっと海沿いを走って走ってきもちいいー!

Dscf2400
 
 
道の駅かわうその里すさき
ここでは土佐カツオ丼が有名なので店が激混みなので試食コーナーのカツオでがまん。
試食でも十分美味しかったです。

Dscf2409 Dscf2410


さて、ここからいったん海を離れてどんどん山を登って行きます。
目指すは四万十川源流点。
山も気持ちいいねーなんて走ってるとなんかデカくて白い物が・・・。
もしかして山の上にあるアレの羽ですか。

Dscf2411 Dscf2413


10機以上の風力発電の風車が連なってるなんて関東じゃまず見られません。
四国すげー。

Dscf2412
 
 
さらにぐんぐん登って、ようやく源流近くに来ました。
ここから国道をそれて細い道に入って更に登ります。

Dscf2417
 
 
看板をたよりに、ほんとに合ってるの?というような民家の横の道を通って登って行きます。
うーん、けっこう遠いな。

Dscf2419 Dscf2421


なんだか石碑っぽいのがあったので降りてみると、どうやらここが源流点らしい。

Dscf2424 Dscf2425


やっと着いたぁ・・・と思ったら。

Dscf2427
 
 
まじですか。
でもここまで来たら登りますよ。

Dscf2428 Dscf2435


ぜぇぜぇ言いながらほんとの源流点到着!
ついに来たよ、感無量です。

Dscf2438
 
 
もちろん入りましたよ。
あまりの冷たさに足つるかと思った。

Dscf2439
 
 
ここからは四万十川沿いをぐんぐん下ります。
えぇ、ここに来た目的は源流点から最河口まで川沿いに下る事ですからね。
それにしても最初はやっぱり細い川なんだなぁ。

Dscf2446 Dscf2449


初めての沈下橋。
ロードレーサー3人組が飛び込んでたよ、気持ちよさそー。

Dscf2451
 
 
小さな沈下橋がいくつもあってそのほとんどに寄ってので、全然前に進まない。
どんどん日が暮れて影が長くなってきた、急がねば。

Dscf2460 Dscf2475


と思うんだけど、景色がきれいなのでついつい寄り道。

Dscf2483
 
 
あぁ、夕暮れもきれいだぁ。。。
キャンプ場まだまだ先だぁ。。。

Dscf2484
 
 
結局今日も日が暮れてからキャンプ場到着。
本日のキャンプ場「四万十ひろば」、バイクの乗り入れ可です。
ちなみにお値段350円。

Dscf2485
 
 
近くにヘルスセンターがあってお風呂はそこで。
狭くて混んでたのでシャワーだけだったけどね。

Dscf2486
 
 
晩ご飯でちょっとしたトラブルもあったけど、無事2日目終了!

「室戸→ 四万十」

2

| | コメント (0)

2009.10.05

四国まるっと一周ツーレポ 1日目

ついに四国に上陸、暑いぜ!
ここから四国一周がスタートするのだと思うとワクワクですわ。

Dscf2241
 
 
室戸までは国道55号を延々と走れば着くのですが、やっぱ寄り道ですよ。

Dscf2246
 
 
目指すは蒲生田岬、海沿いの道を快走!
気持ちよすぎるよ。

Dscf2257 Dscf2259


少し道に迷いながら蒲生田岬に到着。
台風の影響か、風が強くて荒波状態。

Dsc_0001 Dsc_0008


駐車場から海に出ると遠くに灯台が。

Dsc_0005
 
 
150段の階段をぜぇぜぇ言いながら登って木をくぐると目の前に灯台出現。

Dsc_0019 Dsc_0018


四国最東端の灯台「蒲生田岬灯台」
今回の四国で唯一、少しだけ登れた灯台です。
で、階段を登ったのですがあまりの強風のためそそくさと退散。

Dsc_0010
 
 
駐車場に戻るとすでに16時近くになってます。
まだ今日の目的地までの3割も走ってないのに。
急いで走るもどんどん日も沈んで、本日の風呂「道の駅 宍喰温泉」でひと風呂浴びて出て来たら真っ暗ですよ。

Dscf2270 Dscf2275


残り50キロ、真っ暗の海岸沿いの55号を急いでは走る。
うーん、昼なら眺めいいんだろうなぁ。
なんて思いながら走って、ふと空を見上げると満天の星空。
急いでたけど、バイクを止めてエンジン切ってしばらく眺めちゃいました。

キャンプ場について初めての設営を済ませて飯食って。
キャンプ場の奥の方はガラガラだったのでカメラと三脚持って星空撮影。
天の川(?)もクッキリ見えます。
横浜じゃこんな星空絶対見えないだろうなぁ。

Dsc_0032
 
 
星空を十分堪能したので、テントに戻って一人反省会。
寄り道は程々にですね。

Dsc_0054 Dscf2287


1日目終了!

「徳島 → 室戸」

1

| | コメント (0)

2009.10.02

四国まるっと一周ツーレポ 往路編

ほんの1ヶ月前、ファミレスで日本地図を広げた時はまさかほんとに四国を一周するとは思いませんでした。

あれよあれよと日にちが経って、ついに出発ですよ。
この日のために付けた箱に、キャンプ道具を詰め込んで出発!

Dscf2169 Dscf2170


花キンでにぎわう銀座を抜けて有明のフェリー乗り場へ。

Dscf2179 Dscf2186


うーん、さすが長距離フェリー。
東京湾のとはサイズが違うわ。

Dscf2189
 
 
窓口でチケットを購入して行き先の書いた紙を貼って乗船待ち。

Dscf2188 Dscf2191


今回は一番安い二等室、雑魚寝です。
てっきり早い者勝ちの陣取り合戦かと思ったら、ちゃんと係の人が「あんたそこ」ってな感じで割り振ってくれるのね。

Dscf2201
 
 
出航が19時だったので、その日はウダウダしながら就寝。
台風の影響でかなり船は揺れたけど、乗り物酔いしない体質なんでおかまい無しです。

朝になって外に出てみると快晴!
うっすらと本州も見えます、どこだろう。

Dscf2225
 
 
天気もいいのですが相変わらず船は揺れます。
まぁ波があるので揺れるのは当たり前ですが。。。


する事もないので二度寝どころか三度寝四度寝して昼飯食べて13時に徳島到着。
うーん、さすがに長かった。

Dscf2235
 
 
フェリーが着岸していそいそとバイクの所へ。
回りはみんな大きくて黒いバイクばかり。
黄カブ目立つぜ!

Dscf2240
 
 
ついに四国上陸です!

| | コメント (0)

2009.10.01

燃費計算

四国での給油ですが、14回もしてました。
ガス欠が嫌だからといってちょっとビビり過ぎですわ、ぼく。

Dsc_00302
 
 
1,643km走って35.56L入れたので、1Lあたり46.2Kmですね。

四国は国道か峠道かなので燃費が良くなったり悪くなったり。
結局平均的な燃費になったのかな。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧